どうも。2号さんです。
最近、家でことあるごとに「文豪ブームがくるぞー!」とわめいているのですが、先週末前橋で「文学フリマ」なるものが行われていたそうです。(Twitterのフォロワーさんが行かれてて知りました)

とうとうここまできたかと思っていたら東京ではすでに23回も開催されていました。。全然最近じゃなかった。。。
文学フリマ
文学フリマ事務局(@Bunfreeofficial)さん | Twitter

文学フリマは最近じゃなかったけど、きっとくるはず!文豪とか文学のブーム。(しつこい)

さーてさてさて。
トラベラーズノートの2017年限定色 オリーブエディション Getしましたー!

やっぱりというか、予想通りというか転売屋さんががんばっております。発売直後、売り切れた途端に16800円まで上がっていました。記事執筆時点では少し落ち着いて9000円弱です。Amazonはしばらくこの状態が続くと思います。

2号さんはどこで手にいれたかというと。。1号さんがホワイトデーのお返しということで買ってくれました。わーい♪「物欲しそうに眺めたでしょ?」と言われてしまいました。確かにそうかもですけど。。いいじゃん。いい色だと思ったんだもん。1号さんの分もそのうち手に入る予定です。

ネットでは売り切れ続出ですが、1号さん曰く、店頭で普通に10冊くらい並んでたそうです。地方万歳!(お店の方の話では結構頑張って仕入れたそうです)
お店の名前、出した方がいいのかな?うーん。。転売屋さんが買い占めちゃったら困るのでやめておきます。

定価は4536円ですからね。焦って買わなくても大丈夫。在庫もあるところにはあると判明しています。ネットでも少し待てば在庫が復活すると思うので、落ち着くまで待ちましょう。

参考になるかどうかわかりませんが、ブルーエディションを購入する前の記事です。5月の時点で書いたものですが、この時点ですでに何度も出会っていると書いています。
トラベラーズノート ブルーエディションが高騰している件 | 文具ラボ CARNET -カルネ-

この後、何度も出会って、そのうち2回は購入しています。(1号さんと2号さん。別の時期に買いました)
ブルーエディションの時と全く同じ状況になるという保証はありませんが、売れるとわかっているのでそこそこの数を準備しているはずです。


ブルーエディションとオリーブエディション、せっかくなので並べて写真を撮ってみました。

背景白の方が色がわかりやすいとアドバイスをもらったので白背景にしました。ブルーエディションは普段持ち歩いていますが、そこまで頻繁に開いていないのであんまり色が変わっていません。最近なぜか自分の中で緑ブームが起きているのでこのオリーブの色はかなり気に入っています。前だったら青一択だったと思うんですけどね。

そういえばブルーエディション、全然手入れしてませんでした。。
公式が推奨している手入れ道具はラナパーみたいです。
【TFA】Traveler’s Factory Mail Magazine Vol. 22

他の革製品にも使えるので1つあると便利だと思います。私もずっと憧れてて、つい最近手にいれました。うちは二人とも趣味で革小物を作るのでこういう手入れ道具は前からほしかったのです。少量でもかなり伸びるのでつけすぎないのがポイント。

トラベラーズノートの限定版はキャメルのように定番化する例もありますが、基本その年にしか手に入りません。
(何度も書きますが)焦る必要は全くありませんが、後から手に入れるのは非常に大変なのでちょっとでも気に入った人は今年中には手にいれておいた方がいいと思います。

(Visited 1,276 times, 1 visits today)