まだ発売前で、しかもISOTで発表、という期待しかない商品「トガリターン」。
しかも日本文具大賞受賞。この辺りはいろいろと思うところもあるんですが・・・
サンプルいただいたので使ってみました。

決定稿なのか分かりませんが、外箱から。

鉛筆削りという商品性を考えるとこういう子供が好きそうなポップなデザインなのでしょうね。
本体を取り出してみました。

正面から見ると真ん中の部分が上下にスライドします。
写真の位置、つまり真ん中が鉛筆を削る時のポジションです。
上にずらすとダストケースが取り出されます。
下にずらすとダストケースが動かないようにロックされます。
なので、通常はいちばん下にしておいて、削るときに真ん中に動かすのがよさそうです。

本体もとてもカラフルでポップなデザイン。

で、実際にこの鉛筆を削ってみました。

奥までぐーっと押し込んで、、ぐるぐる回すと削れます。
削り心地は思ったよりなめらか。少し力をかけるとクルクル回ります。
いい感じで尖ると「ガチャっ」と音がして勝手に鉛筆が出てきます。

削り具合はこんな感じ。

尖りすぎず、ですね。

また、自動で排出されるので「削りすぎ」がありません。
つまり無駄に削ることが格段に減ります。

他にも削りカスがこぼれないようにダストケースをロックする機能があったり、鉛筆を刺すだけなので指を挟むこともないです。

実際に使ってみるとメリットがとても多い「トガリターン」。
小学1年生の入学祝いなどにいいかもしれませんね。オススメです。

(Visited 403 times, 1 visits today)