どうも。2号さんです。
とうとう冷房(ドライ)に手を出しました。。
まだ5月だというのに。。
だってね。湿気がすごいんです。。
除湿機がほしい季節になりました。毎年言ってる気がします。

今日はイベントの紹介です。
takeo paper show 2018(竹尾ペーパーショー)が6月1日より3日間 青山のスパイラルホールで開催されます。

公式サイトはこちら。
takeo paper show 2018「precision」

このイベント、なんと1965年から開催されているそうです。今回で48回目。すごい。。
今年のテーマは「precision / 精度」
クリエイターの方々が「precision / 精度」の観点から新たなファインペーパーを監修しているそうです。文字だけ見てもあんまりピンと来ませんでしたが、各クリエイターの方々が新しい色紙だったり和紙だったりを新たに作り出してる…ってことでいいのかな?
行ったことないのでたぶんですが、ここで展示されている紙を買うことはできないと思います。どちらかというと美術作品を見に行くのに近いのかな?デザイナーの方がどういうことを考えてその紙をつくられたか、というのが知れると思うので、紙好きさんだけでなくクリエイターの方は楽しめるんじゃないかと思います。

「日本国内の紙関連業界において唯一かつ最大規模のイベント」と公式サイトに書いてありました。これは行ってみたくなりますよね。

参加するには事前登録が必要です。
takeo paper show 2018 「precision」 in東京 – パスマーケット

遠くていけないというかた、どうも大阪でも開催されるそうです。
公式サイトから引用しておきます。

takeo paper show 2018「precision」の大阪巡回が決定いたしました。
会期:2018年10月5日|金| 6日|土| 7日|日|
会場:グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル イベントラボ

まだ細かい情報は出ていませんが、関西近郊の方は今回無理して東京まで行かなくてもよさそうですね。

私も行ってみたかったのですが、微妙に日程が合わず断念しました。大阪も厳しいかなぁ。。。?

結構めずらしいイベントかな?と思うので、お近くの方や気になった方はぜひ行ってみたください。

(Visited 50 times, 1 visits today)