どうも。2号さんです。
超ねむいです。
頭が回ってない!糖分が足りない!!ということでアメめっちゃ食べました。
春ですね…。

少し前、三菱鉛筆の消せるカラー芯が廃盤になるという噂が回っていたそうです。うちのTwitterでも写真をUPしている人がいらっしゃいました。いままではひっそりと廃盤になっていた文房具が多い中、SNS経由で拡散されて廃盤を知り、買い占めている人がいるとのこと。すごい時代になりましたね。

なんでそんなに人気なの??と思ったら紙でイラストやら漫画を書く時、下書きとして使われていたそうです。そりゃ愛着わきますよね。いまはデジタルに移行した方も多いとは思いますが、おせわになりましたという書き込みが多かったのはこれが理由みたいです。

実は後継品がでています。
0.7が発売されてた時はこちらでも紹介しましたね。ミントブルーという色があったのはすっかり忘れていましたが。
消しゴムできれいに消せるカラーシャープ替芯『ユニ ナノダイヤ カラー』芯径0.7mm新色追加 – 文具ラボ CARNET -カルネ-


以前より消えやすく、芯も折れにくくなっているそうなので、こっちのほうがいいのでは??と思ったのですが、折れにくくなった分芯が固くなっているそうで、下記心地が違うとのこと。特に筆圧が強い方はあとがのこってしまうらしく、旧モデルのほうがいいそうです。(それで買い占めなのかな?)お店によってはプレミア価格で販売しているところもあるので、買おうと思っている方はお気をつけください。

他の商品でもそうですが、廃盤が決まった途端に売れだすのは仕方ないことなんでしょうね。普段から買っておけば廃盤にならずにすんだかもしれないのに。。と思わなくもないですが、毎年新製品があれだけ発売される中、廃盤品がでないとなると商品点数が増える一方になってしまうので、人気のない商品やコストパフォーマンスが低い商品は廃盤になる。。。というのは仕方ないと思います。

まあこれで元気に買い占めちゃう転売屋さんはどうかなと思いますけどね。文房具は単価が低い商品が多いので、そこまで転売屋さんががんばらない分野だと思っていました。

できることはほとんどないと思いますが、気に入っている商品は買って応援するのが一番なのかもしれません。

(Visited 200 times, 1 visits today)