どうも。2号さんです。
今日は久しぶりに買い物に行って「暑いなぁ…」と思っていたのですが、Twitterを見たら関東近辺の人は寒いらしいですね。日本はやっぱり広いです。

今日はひさしぶりのBun2です。8月号をもらい忘れていたのでまとめてもらってきましたが、もう8月号はてにはいらないかもしれないのでとりあえず10月号のみ紹介しておきます。

今回の特集は手帳。この時期はどこも来年の手帳の話題になりますね。手帳ってそんなに流行りとかないと思っていましたがいろいろあるようです。

毎年恒例のものは相変わらず人気ですが、今年の傾向として薄型マンスリーと日記のようにしっかり書けるタイプの2極化しているそうです。コロナで在宅時間が伸びたため予定の管理が簡易的でいいという方がマンスリーを選んでいるらしく、逆に1日1ページタイプは日記やライフログとして使っている方が多いそうです。手帳は種類が増えることはあってもなかなか減らせないので、はやりが移り変わっても定番品はなくならないと思いますが、こういうのがよく売れているってことは頭に入れておいていいかもしれません。

SDGsを意識した手帳が増えているのも特徴らしいです。いまだにSDGsがピンときていないのでとりあえずWikiのリンクをはっておきます。

ざっくりと読みましたが、取り組みとして素晴らしいんだろうなぁということしかわかんない。積極的に取り組んでる企業の商品を選んで買う人もいると思うので、意識して取り組んでいるのであればアピールするに越したことはないと思いますが、私はあんまり気にしないかなぁ。自分が気に入っている手帳が環境などにきっちり配慮してるって知ったらちょっとうれしいなと思うくらいかもしれません。

あと個人製作や小さめコミュニティーで発売している手帳が年々増えているそうです。紙物はオリジナルでも作りやすいので増えるだろうなとは思っていましたが、そもそもの数が少なく、店舗販売はほぼないので見つけにくいのが特徴です。これを一生懸命さがすのは大変なのでたまたま見つけたらラッキーくらいに思っておいた方が良さそうです。

他にも各社一押し手帳もたくさんのっていましたし、Bun2大賞の候補商品一覧ものっていました。まだおいているお店はたくさんあると思いますし、無料ですので気が向いたら手に取ってみてください。