今年も手帳の時期となりまして、いろいろな手帳のリリースラッシュとなっています。
そして、今年もこの手帳、クラウドファンディング開始となりました。
「ACTIO手帳デジナーレ with EDUL-Link機能」(以下、ACTIO手帳デジナーレ)、今年もご紹介します。

※画像の掲載については今年も「EDUL Design株式会社」様より許可をいただいております。
ありがとうございます。

去年までのご紹介記事はこちらから。

だいぶ記事も増えてきました(カレンダーは今回、外していますが、カレンダーの記事もいくつかあります)。
基本機能などについては過去記事を見ていただくとして、今回は今年の「ACTIO手帳デジナーレ」との違いを挙げていきたいと思います。

とりあえずクラファンのページを見たい方はこちらから。

https://www.makuake.com/project/actio_diary3/

表紙カバーを変更 & オプションで革の表紙カバーが!

昨年までは紙ジャケットに透明カバーを被せる形でした。
個人的にはこれでも全然よかったのですが、確かにヨレが出たり、角が曲がったり、ということがあり、気にされる方も多かったのでしょう。今回からは「PVCスポンジシート」が採用されています。
「PVCスポンジシート」は汚れにも強く、耐久性も優れています。
なお、カラー展開、昨年より1色減って7色となります。

表紙のシボや柄はこちらで確認ください。

そして、今回、国産レザーを使った革カバーがオプションとして購入できるようになります。

革カバーは今年が初めての試みですので、これから年を経る毎にシェイプアップされていくと思います。カバーの閉じ方含めて、もう少し工夫があると嬉しいかなあ。
価格は国産レザーなので仕方ないと思います。これくらいはかかるでしょうねえ。

「インデックス」の補強について、追加事項

インデックス部分、2021年版は自分で補強用のシールを貼る、という形でした。
2022年版はそこから改良し、補強用のシールではなく、補強加工がされた状態での出荷となりました。
2023年版では、なかなかそれでも満足いく補強ではない、ということで、希望者には追加で補強シールを同封する無償サービスを行うとのこと。
申し込みの際に「シールの要・不要」を選択する項目があるので、そちらで選択するようになります。

ページデザインの見直し、変更

一部ページのデザイン見直しや変更もされています。

年間カレンダー

いつも前後1年ずつの3年分が記載されていてとても便利な年間カレンダー。
今回は若干のリデザインを加えて視認性を高めているとのこと。

週間ページ

こちら、時間目盛りの視認性を高めるために、若干のリデザインを行っているとのこと。

また、右のメモ欄にあった「Self Coaching」の表記を「Coaching」に変更し、色も薄めに変更。全体をメモ欄として使っても違和感が出ないように修正されています。

フリーメモページ

こちらはインデックス部分のリデザインが行われています。
ページの検索性を高めるデザインに変更しているとのこと。

自己分析ページ、目標設定ページの記入欄を全て方眼に変更

とても細かい点ですが、自己分析ページと目標設定ページが方眼仕様に変更されています。

確かにその方が統一感があっていいですよね。

と、毎年細かい変更を続け、より使いやすい手帳へと変わっていくのが「ACTIO手帳デジナーレ」のよいところです。

今年の変更点がどれほど使い勝手に影響しているか、楽しみです。

コロナ渦だと、外出の予定がほぼなくなり、手帳に書くことがあまりなくなってしまいました。
そろそろ落ち着いてきて、ボチボチと外に出ることも増えてきたので、来年からはもう少し活用出来るのかな、と思っています。

というわけで、今年もMakuakeでクラウドファンディングが行われている「ACTIO手帳デジナーレ with EDUL-Link機能」、今まで使ったことがない方も、使ってらっしゃる方も是非お試しくださいませ。

月間と週間をスムーズに行き来できる特許機能「ACTIO手帳デジナーレ」 | Makuake