どうも。2号さんです。
今月はひさしぶりに出歩く月になりそうです。めずらしく遠出もします。
いまのところ体力が一番心配です。

最近横長のノートなど規格外サイズのノートが増えてきましたが、渡邉製本さんのノートは一部カスタムカットで好きなサイズにできるそうです。しかも3分割までは無料!

カスタムカットについて | 渡邉製本オンラインストア

カスタムカットについて | 渡邉製本オンラインストア

わたしたち渡邉製本は、東京都荒川区にある書籍専門の製本会社です。創業以来75年続く製本技術と紙の知識を活かした紙製品を、機械加工と手加工を熟知した職人集団が一冊一冊丁寧につくっています。書く楽しさ、造本の美しさ、本づくりに対するひたむきな想いが詰まった、「あなたの暮らしをちょっと良くする紙製品」を製造・販売しています。STORYもっと気持ち良く書けるノートはないだろうか。フラットに開き、何度めくっても壊れにくく、立ったままでもメモが取りやすい。スラスラ書ける紙に、手になじんで愛着がわく表紙だったら…。製本の経験と技術を集めて最高のノートを作りたい、そんな思いからノートづくりが始まりました。目指したのは、書く、持つ、めくる、すべての心地よさを兼ね備えた、使い手に寄り添う美しい文房具。75年に渡りおこなってきた本づくりの経験と知識の引き出し、3世代に渡り受け継いできた技術、本に対するひたむきな想いを込めました。2015年に製品開発をスタートしてから一年半、何度も試作を繰り返し、2016年12月に初めてのオリジナルノートが完成。製本工房がノートと向き合って生まれたこだわりのプロダクト第一弾・BOOK NOTEです。その後も一年に一製品のペースで、じっくりと作り込んだ製品を世に送り出しています。“町工場なのだから自社工場でプロダクトを製造する”という固定概念から離れ、「あなたの暮らしをちょっと良くする紙製品メーカー」として歩みを進めています。●製品サイトhttp://www.booknote.tokyo/●渡邉製本株式会社WEBサイトhttp://www.watanabeseihon.com/●渡邉製本ブログ「下町の製本屋さんのブログ」http://blog.livedoor.jp/watanabeseihon/

カスタムカットに対応しているノートはいまのところBOOK NOTEとSevenSeas CROSSFIELDの2種類ですが、オンラインでも注文可能です。(カスタムカットはオンライン限定みたいです)

BOOK NOTE<ブックノート> | 渡邉製本オンラインストア
Seven Seas CROSSFIELD | 渡邉製本オンラインストア

もともとが高級なノートなので安いわけではありませんが、質のよいノートを好きなサイズにカットしてもらえるのはいいですね。手持ちで気に入っているカバーに合わせるもよし、机で使うのにちょうどいいサイズにカットしてもらうのもいいと思います。3分割まで無料というのもありがたい。
サイズ的にはトラベラーズノートのリフィルにもできそうですね。ちょっともったいないかな…?

ノートの質に関してはかなりこだわってつくられているので安心して購入することができると思います。中紙もOKフールスなので万年筆でも使いやすいと思います。

「BOOK NOTE」8つのこだわり – 渡邉製本ペーパープロダクト

カスタムカット例はInstagramにあると見かけたけど、スタッフさん愛用サイズのこれかな…?横長はちょっと気になっていますし、サイズ的に使いやすそうだなと思いました。

(キャプションに説明がかかれていたので一緒に埋め込んだらすごい長さになってしまった…タグすごい)

規格サイズだと自分にちょうどいいサイズがないというかたは一度チェックしてみてください。