どうも2号さんです。
(ついかよてい)とだけ書いてあったので代わりに1号さんが。

数日前にトラベラーズノートのオリーブエディションの記事を2号さんが書いていましたが、ようやく1号さんも手に入れました。
発売日のお昼頃、既にほとんどのネットショップは在庫がなく、うろうろと渡り歩いていたところ、某ネットショップにようやく在庫があったので即注文!
本当はコレが2号さんのものになる予定だったのですが、月曜日に用事があって外出した際に寄った文房具屋さんに在庫があって即購入!これをそのまま2号さんへ。
で、注文していたのはその翌日に届きましたのでめでたく私のものへ・・・まだ空けていませんが・・・・

あたぼうステーショナリーの飾り原稿用紙に新色が追加されました。
名前は「金鶯錯(きんおうさく)」です。

公式Facebookに出てたデザインリークと違う!と思いましたが、よく見るとリークされていたものでした。リークは黒色だったので、てっきり製品も黒だと思っていましたが、デザインのみのリーク画像だったんですね。なるほど。。

金色にも鶯(うぐいす)色にも見えるということで「金鶯」
錯視がテーマなので「錯」
これで「金鶯錯(きんおうさく)」という名前になっているそうです。

ぱっと見て真っ先に思ったのが「罫線の存在感が薄い」でした。
今までの飾り原稿用紙と比べてもかなり薄いというか目立ちにくい色になっています。
プレスリリースを見るとやっぱりそこは狙っていたようで、罫線を無視することもできるような色合いを狙ったとのことでした。

今までの飾り原稿用紙も画像検索したらマス目無視して使っている人が結構出てきます。
飾り原稿用紙 – Google 画像検索
私もマス目無視しそうだなぁ・・・

錯視がテーマって言われただけだとよくわからないと思うのでじっくりデザインをながめてください。色ぬりするのもたのしそうでした。

「金鶯錯(きんおうさく)」の色は全く目立たないというわけでもないし、主張しすぎるわけでもない絶妙な色だと思います。いままで出た飾り原稿用紙ではかわせみが一番好きですが、その次はこれかもしれません。(実物を見てないので想像ですが)
インクの色とも合わせやすいと思います。手持ちだとこの前買ったばかりのプラチナ古典インク(フォレストブラック)と合わせてみたいですね〜。


そして今回はふたふで箋も同時発売です。
あのサイズ、やはり好評だったようで、今回は同時発売です。
ふたふで箋、サイズはすごく好きなのですが、ちょっと割高なんですけどね。ちいさいのに。。。
(飾り原稿用紙は50枚480円(+税) ふたふで箋は30枚370円(+税))

ここで一つ問題が。
この飾り原稿用紙、私が思っていたよりも取扱店が少ないようです。
(販売予定店舗は公式サイトにUPされているプレスリリースに載っています。PDFなので直接リンクは貼りませんが、いまはトップページに掲載されています。あたぼうステーショナリー

昨年はいろんなところで見かけた気がしていたのですが、気のせいだったのかな?通常は置いていないお店でもISOTの文具大賞に選ばれたので特別に置いてたりしたのかな??通常の販売予定店舗を見るとここまで少なかったのかとびっくりしました。
私がよく行く店舗には置いてあるので個人的にはまったく問題ないのですが、すてきな原稿用紙なのでもっとたくさんの方の目に触れる機会が増えたら楽しいなぁと思います。

(Visited 112 times, 1 visits today)