当サイトはアフィリエイト広告を掲載しております/詳細はクリックにて

プレピーのペン先を入れ替えてみました

どうも。2号さんです。
アイスの在庫が少なくなってきたので買ってきたのですが、
最近和風のアイスが美味しそうで見つけたらかってしまいます。
特に抹茶とかきなことか…。食べ過ぎ注意です。

うちにあるプレピー旧型0.2の蓋がわれてしまい、完全に眠った状態だったので新しく購入した透明プレピーのペン先を交換してみることにしました。
※メーカー非推奨です。自己責任でお願いします※

旧型プレピー

プレピーの旧型はキャップが割れやすく、テープを巻いてから使っていましたが割れました。。

新型はこちら。ちょっとだけ値上がりしていますが、まだまだお安いです。

プラチナ万年筆 万年筆 プレピー 0.2mm ブラック PSQ-400#1

プラチナ万年筆 万年筆 プレピー 0.2mm ブラック PSQ-400#1

449円(04/18 03:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

透明プレピーを買ってから旧型は完全にお蔵入りになっていたのですが、透明プレピーは0.3。もうちょっと細いほうが使いやすいなぁと思ったのでペン先を入れ替えてみることにしました。

ひっこぬいてみました

壊れてしまったら仕方ないね!ということで引き抜いてみました。

壊れても諦めのつく価格なのがありがたい。。。
最初ネジかな?と思ってまわしていたのですが、ねじではなかったみたいです。ひねりながら引っ張ったら簡単に抜けました。透明プレピーも同じように引き抜いて入れ替えました。簡単…。

極細透明プレピー


極細透明プレピー、完成しました。
かなり簡単でしたが、透明のほうがちょっとゆるく感じます。今は普通に使えていますが、インク漏れなどを起こす可能性はありそうですね。。
0.2のほうが軸が細い可能性もありますが、仕様なのか個体差なのかちょっとわかりません。

わざわざ極細と透明の両方を購入してペン先を入れ替えるのはちょっともったいない気もしますが、私のようにペン先があまっているようであれば試す価値はあると思います。公式で極細出してくれたら一番いいんですけどね…待ってます。

最近プラチナのクラッシックインクが人気らしいですね。時間経過で色が変化するのが楽しいインクですが、古典インクなのでいきなり金ペンに入れるのはちょっと。。と思っている方は多いと思います。そんな方にぴったりなのがお手軽プレピー。軸のデザインは正直イマイチだと思っていましたが、透明はいいと思います。
公式が極細と中字を出してくれるのが一番ですが、それまでのつなぎとしてペン先の付替えはありだと思います。

入れ替えたあとに気づいたのですが、別にペン先を引き抜かなくても首軸ごと入れ替えればよかったのでは…?
いまやってみましたが、ネジの形状など全く同じなので問題なく入れ替え可能です。
次もし入れ替えるなら首軸ごとですね。。(気づくのが遅い)

ペン先の入れ替え、オススメ。。。はしませんが、一応可能でしたということで。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

記事を書いたのは...

1号さんの奥さん
建築畑出身、かなりの理系、Webデザイナー、フォトグラファー
好奇心旺盛だけど慎重なので手はなかなか出さない
1号さんの影響で多趣味に。作ることが好きなのは1号さんと変わらず

コメント

コメント一覧 (4件)

  • 面倒なことをしなくてもPreppyは主軸ごと交換できます。PLAISIRとも交換できます。

    • コメントありがとうございます。
      記事の最後にも書いたのですが、ペン先を入れ替えたあとに気付きました。(遅い
      プレジールは手持ちがなかったので未検証だったのですが、やっぱり交換できるんですね。
      情報ありがとうございます。

      • 返信ありがとうございました。
        いつも記事を楽しみに拝読させていただいております。これからも面白い記事を期待しています。

        • うれしいお言葉…!ありがとうございます。
          とても励みになります。
          楽しんでいただけるよう、これからも更新がんばります。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次