昨年、すごい人だった長崎市 石丸文行堂さんの「ペンフェス」。今年も開催するとのこと。
今年はゲストがすごいです。あの長原さんがいらっしゃいます。
そして武田健さんも。

というわけで、今年もあります。
長崎市の石丸文行堂さん開催「ペンフェス2019」。
プレスリリースをいただいたのでご紹介します。

この度、株式会社石丸文行堂 (代表取締役社⾧石丸忠直) は、「本業を通じて⾧崎を元気にする」というビジョンに沿ったアクションの1つとして、古来より事始めの多い⾧崎の地で、「手
書き」の良さを再認識できるイベント「ペンフェス2019」を昨年に続き開催いたします。

本イベントは、「手書き」に必要な①ペンと②インクと③紙の3要素の奥行きと楽しさをそれぞれ体感できるコンテンツを全国より集めた入場無料のイベントで、当社調べでは東京・神戸に次ぐ規模ゆえ、地元はもとより全国の「手書きびと」がわざわざ来崎する魅力の詰まったイベントです。
弊社では当イベントを通じて、心が通う手書き文化の発展と宿泊観光客の誘客を目指しています。

なお、マニア向けのペン販売会ではなく、誰もが楽しめる企画を心掛けています。

手書き、いいですよ~。

ちなみに昨年の様子はこちら。

「書く」ことに特化したイベント。長崎市の石丸文行堂にて「PENFES 2018」開催中!

そして、今年は

・石丸文行堂オリジナル「⾧崎美景」シリーズ新作万年筆先行発売
・筆圧診断(特殊な機械で書き癖を診断し、最適なペン選びをアドバイス)
・ペンクリニック(ペンドクターが来崎し不調な万年筆をメンテナンス)
・ペン先カスタマイズ(日本一のペン先職人が要望に応じて眼前で特殊加工)
・外海在住のペン作家夫婦「Viriditas」(⾧崎や世界の木を手加工したペン)
・パイロット天皇即位記念蒔絵万年筆『鳳凰』世界800本限定販売
・石丸文行堂オリジナル「⾧崎美景」シリーズ新作インク2色先行発売
・インクetタロット(日本一のインク収集家がタロット占いで色提案)
・インク工房(バーテンに扮したブレンダーが依頼にそって1点物を作成)
・全国有名店のオリジナルインクが勢ぞろい(業界慣習上実現困難)
・レターバイキング(好きな便箋を1枚ずつ色々選べる女性の夢が叶う企画)
・Endpaperノート(職人が1冊ずつ布を表装するハードカバーノート)

と盛り沢山です。

「長崎美景」シリーズは第四弾「グラバーフォレストローズ」がリリースされます。

当サイトでも既にご紹介しています。

石丸文行堂 長崎美景 第4弾 万年筆は「グラバー園」 新色インクはまだ未発表

個人的に注目しているのは「ペンクリニック」ですね。
プレスリリースには書いていませんでしたが、長原幸夫さん、いらっしゃいます。
(サイトには書いてありますので後でリンクを貼っておきます)

長原さんのペンカスタマイズ、私たちは受けたことがあります。

ペンクリニック、初体験!!

ペンクリニックを受けるついでにセーラーの万年筆を購入しました

なお、今回は有料かつ事前予約制になります。

そして、「マツコの知らない世界」に出演された万年筆インク案内人の「武田健」さんが「インクdeタロット」ということでいらっしゃいます。

更に、昨年のペンフェスで拝見してから注目している長崎のペン工房「Viriditas」さんも。

石丸文行堂「PENFES 2018」に出店されている、長崎のペン・万年筆作家「VIRIDITAS」

今年も楽しいイベントになりそうです。
私たちも伺う予定にしています。

詳しくは下記URLにてご覧ください。

文房具屋さん大賞2019 (扶桑社ムック)

文房具屋さん大賞2019 (扶桑社ムック)

896円(09/19 21:53時点)
発売日: 2019/02/08
Amazonの情報を掲載しています