どうも。2号さんです。
九州はちょっとくらいおでかけしてもいいかなーという雰囲気になってきました。マスクしてくださいってお店が多いですが。
平日はあいかわらず食料品の買い物以外引きこもっていますが、週末はたまにおでかけしてます。

今日は久しぶりに立ち寄った文房具屋さんでもらってきたBun2の紹介です。
4月は外にほとんど出なかったのでもらい損ねていたのですが、同じような状況の方が多かったのかまだ残っていたので両方もらってきました。

4月はもう置いていないお店の方が多いと思いますが、この春注目の文房具が紹介されていたので少しだけ紹介しておきます。
最初の特集は携帯はさみ。
昔の携帯はさみは切れにくく使いにくかったのですが、最近はよくなっているよと聞いていたのですが、それも少し前の話なのでもう落ち着いたと思っていました。ほとんど外出しない私には必要ないと思って買ったことはないのですが、一つ持っていると便利そうです。キャップなしのものや超ちっさいやつなどいろいろありました。
昔十徳ナイフ持ち歩いてたことを思い出しました。


次は消しごむ
個人的に注目しているのはモノタフですね。これ、消しゴムをボロボロにしてしまうお子様が使うと耐えるのかためしてほしいです。思いつく人がいないので未検証ですが…

4月号はこのくらいにして、次は6月号。こちらはまだもらえるお店が多いと思います。
特集は「やっぱり手書きがイチバン!」
このテーマの時は基本的に万年筆とインクが紹介されますよね。今回は比較的新しめのものが紹介されていました。キャップレスLS、どうなんでしょうね。うちだと予算オーバーなので買うことはないと思いますが、よく考えたら使っている方のレビューもチェックしたことがなかったので一度調べておかないとなぁと思っていてそのまま忘れていました。
給付金で万年筆の購入を考えている方もいると思うので、普段だと手を出しにくい5~10万円の万年筆のおすすめは意外と需要があるのかもしれません。

ゲルインク部門ではこちらも新しめの「ユニボール ワン」やビンテージカラーのサラサなどが紹介されています。ユニボール ワンは濃い色が特徴なのですが、クリップがちょっと使いにくい(固い)とか書き出しが掠れがちという声をちらほら見た気がします。クリップはともかく、書き出しは個体差な可能性もありますし、季節によっても変わってくると思います。120円(+税)とお安いので気になった方は1本買ってためしてみると良いと思います。

イロモノ文具で紹介されていたのは昔欲しくて探したものの見つからなかった商品でした。もちろん今も買えませんが、バラで購入可能なものも含まれています。さてなんでしょう。お楽しみに。
           
違いがわかる男の文具講座はタ「在宅ワーク&学習」今ちょうどいいテーマだと思います。在宅のお仕事も落ち着いたというか、出社しないといけなくなった会社も多いと思いますが、いつ2波がくるかわかりませんし、できるかぎり在宅で!という会社もあると思います。
いつ在宅に切り替わってもいいように準備しておくのはありだと思うので、特集をみてよさそうなものを確保して備えておくといいかなと思いました。


というわけで。
フリーペーパーですので気になった方はぜひもらいにいってください。