どうも。2号さんです。
そろそろクーラーを切ってもいいくらい外はすずしくなってきましたが、切ったら切ったでめちゃくちゃあつい…

今日紹介するのはイベントです。東京の銀座TSUTAYA限定なので行ける方は少ないかもしれませんが、いまGo TOキャンペーンを使って旅行される方もいるかなと思ったので紹介することにしました。

【NEW ITEMS】限定新商品「銀座山のインク」や「オリジナルガラスペン」も登場。 煌めきのペンフェア〜秋編〜店頭・オンラインストアで開催 | 特集・記事 | 銀座 蔦屋書店 | 蔦屋書店を中核とした生活提案型商業施設

限定インク、限定ガラスペン、アトリエ オンラインビューイングなどなどいろいろあるようです。

【銀座 蔦屋書店オリジナル】銀座の山色インク 


Tagとのコラボです。ちょっと珍しいかな?
色を見てもあんまり山っぽい感じはしないのですが、紅葉や空気を表現しているといわれるとそうなのかなという感じです。
各5mlなのでちょっとすくなめですが、この量だったら使い切れるかなと思います。
価格は3600円(+税)です。
先行予約が9日から始まっていますので確実に手に入れたい方は予約してください。

<5色の解説>
■山笑う 鈍若葉(にびわかば)
まだどことなく冬の情景を残しつつも青々とした緑が萌え始める穏やかな春の様子。
■山滴る 水青葉(みずあおば)
草花が豊かに育つ、潤いに満ちた夏山の様子。
■山粧う 錦繍陽葉(きんしゅうようよう)
紅葉した木々の葉が陽に照らされ光り輝き、山全体が美しく彩られている様子。
■山眠る 冬帳(ふゆとばり)
色のない冬山の乾燥した空気が街との隔たりを感じさせる、少し寂しい情景。
■山唄う 東雲黄赤(しののめきあか)

【銀座 蔦屋書店オリジナル】ガラスペン 2020 Autumn


こちらは3本セットになります。細字、中字、太字のセットなので使い分けできますね。川西硝子とのコラボです。いいですねぇ。ためしに使ってみるにはちょっとお高いと思いますが、同じ川西硝子さんの竹軸は比較的お安い値段で手に入れることができるので、ガラスペンをちょっと使ってみたいなぁという方はそちらもおすすめです。

2020 Autumn ミニサイズガラスペン~虹色~ 2種(さざなみ・さざなみストレート)


ミニガラスペン、このサイズいいですね。軸のデコレーションは相変わらずすごい。
価格は各17000円(+税)です。

2020 Autumn ガラスペン~煌めきPale yellow~


こちらはシンプルでいいですね。ペン先のグラデーションがとてもいいです。
お値段もちょっとお安めの7500円(+税)です。

ガラスペンはどれも先行予約が16日から、販売開始は23日になります。
店頭、オンラインストアにて購入可能なので遠方のかたも大丈夫そうですね。

職人による接客イベント/アトリエ オンラインビューイングを開催

中屋万年筆はオフラインで、プラチナ万年筆or中屋万年筆のペン先調整もしてもらえます(最大2本まで)
その他万年筆の相談や接客販売などなど。
これはまあ今までのイベントとあまり変わらないと思います。

川西硝子はオンラインのようです。こっちがよくわからない。
店頭に来た方に対して職人さんがオンラインで説明くれるようです。販売もあるようなのですが、店頭のものでぴったりのものを選んでもらえる感じなのか後日送ってもらえるのか細かいことは不明です。
これとは別にアトリエとオンラインでつないで制作現場をみることができる「オンラインビューイング」も開催されます。

どちらも23日から25日、時間など詳しくは特設サイトをご覧ください。

同時にPenセールも開催されているのでお気に入りの万年筆をお安く手に入れることができるかもしれません。(こちらはオンライン未定)気になる方はぜひ行ってみてください。